Main | January 2004 »

Dec 30, 2003

年賀状

今年、うちは喪中になるのでゆったりした年末〜と思ったら、友達の年賀状を作る事に。(Mr.childrenのDVDと引き替え。)

今、年賀素材を探してるんだけれど、すごくどこのサイトも重い......。
同じ様に、今、年賀状素材をネットで探してる人がたーーーくさん、いるんだろうなぁ。。

妙な連帯感に浸ってしまうワタシ。

| | Comments (232) | TrackBack (0)

Dec 29, 2003

事故

一昨日、かな?テレビで「来年の366日中、あなたの誕生日は何位?!」というのをたまたま見ていて、私は328位(だったかな?)で「え"ーー」と思った所だった。

最初に起こった出来事はエルグランドの後ろのドアから荷物を降ろし、ドアを勢いよく閉める時に何故かドアの角の部分が右の目の下に激突。(自分で閉めました。ハイ。)うずくまるくらい痛くて「ああ、昨日の占いってこういう事なんやろか」とぼんやり思っていた。

次は毎回通るたびに「どういう神経でこんな所に路駐してみようって思えるンかなぁ。いや、脳みそ半分溶けてるからできるねんな。」って思う道を通った時。

その道は片側一車線の路肩も少ない道だけど、バス通りでもあり、交通量はそこそこある。その道で路駐しようものなら、平日はまだともかく、休日などは片側一車線通行になってしまい大渋滞が発生することもよくある。
一言に路駐といっても迷惑でないものから信じられない無神経なものまで色々あるけど、病院前とかどうしようもない場合は仕方ないと思ってるけど、自分の娯楽や都合だけで大渋滞を引き起こす神経が私には絶対に理解できない。
その場所もまさに自己中でなければ停められないし、ある意味かなり根性がないと停められない道と思う。

昨日もその道両側に駐車してあったので一車線となっていた。
私がその間を抜けようかなと思うと対向車が来たので、一台だけなので先に行ってもらおうと左側に寄り、路駐していた車の後ろにつきかけたら、対向車の人が先に停車して道を譲ってくれた。(私の車の後ろには後続車が続いてたので、対向車の人は譲ってくれたのかもしれない。)

せっかく譲ってくれたので、さっさと抜けようとハンドルを右に切り「ほんっまにどこまで人に迷惑かけてんねんっ!」と思いながら路駐の車の横に出た瞬間に「コン」と軽い音がして左サイドミラーがカクッと軽く倒れた。「あ"あ"あ"あ"あ"あ"ぁぁぁぁぁ.........」

その車は大型のワンボックスで、ミラーは車の右の角の辺りをかすったみたい。
一瞬止まったけど、そんな場所で停車すると後続車も対向車もつまってしまうため、当てた車の前に更に2〜3台路駐止してるその前に停車しようと停車灯つけて動かしたら、ものすごいクラクションを鳴らされ続け、すごい勢いで路駐の列から離れ追いかけてきた。
クラクションは私が停めるまで鳴り続け、左に寄せて駐車してる最中も鳴り続け。

それからは「おりてこいっ!当て逃げするつもりかーっ!」と、「オマエ」呼ばわりで「当て逃げって、あんな場所で停車はできないでしょう?駐車禁止の場所じゃないですか!」と私も言い返してしまったけど(やっぱり第一声は「スミマセン」やったなぁ。。。『脳みそ半分溶けてる』と思ってる人から怒鳴られて腹を立ててしまいました。)向こうは「当てられた!」で聞く耳もってないし、言い訳するなと更なる暴言吐くし、「あぁ、これはややこしい人やな」と思い、そこから友達を通じて(動揺してどう対処していいかわからなかった)すぐ警察へ連絡してもらった。

普通、奥さんや彼女という立場の人は「まぁまぁ....」ってなだめる立場の人かなと思うんだけど、その人の奥さんは彼よりも激しいというのか、言葉が汚かった。

とりあえず何を言っても無駄と思ったので「警察に連絡しましたから」って言うと収まった。
ダンナさんの方は最初は凄く怒ってたけれど、こちらがちゃんと対処するとわかったからか警察に来て貰えるからか「そっちの車は大丈夫?後続車が続いてて、あそこで停車できなかってんな。そうか、いや、逃げると思ったからな。」って、普通にしゃべってくれた。

警察を待ってる間に友達も来てくれて、ちょっと足の震えも治まった。
結局、こちらの車で当たったのはミラーの部分で、カクっと折れたので傷もついておらず、
相手の車も太陽にかざして特定の角度からみるとやっと分かる程の凹みですんだ。

警察の人に事情を聞かれてる時に「どうしたんや?なんか言われたんか?(相手に)」と小声で聞かれ、停車しにくい場所だったので車をここに停めようとしたら逃げたと怒鳴られたのでと答えたら「そうか、それは怖かったなぁ。」と。泣くつもりもないのに安心したのか涙が出てしまった。

最後は和解しあえた形でとりあえず終われた。

その後みんなで忘年会だったんだけど、しばらく自己嫌悪(最初に「スミマセン」って言えなかった事が)と悔しさが入り交じって残っていて、夜はなかなか寝付けなかった。

今朝になって自分の車が新しい頃の事を思い出した。
駐車する時は当てられない様に車の少ないスペースや端を選んでいた。(今でも状況が許せばそうしているけど)
本屋さんの駐車場に駐車している時に、隣に停められたトラックのドアが私の車にエクボをつけた。
今では飛び石やエクボがあちこち、数えるのも嫌な程増えてしまったけど、その頃はまだエクボがなかったし、その時のエクボは塗装が軽く剥がれる程についていたのですぐわかったし、トラックのドアにも私の車の塗装がついていたので修理してもらえる事になった。あの時、トラックに乗ってた人はとても良い人で、うちの母などはしきりに気の毒がっていた。母から見ると「こんな小さな傷のためにに」って感じだったんだろう。

傷の差はどうであれ、やっぱり大事に思っている車に傷がつくという事がどんなに嫌な事か私にも少しは解るし、あの時「絶対に治して貰う」(まぁ、私は隣に車があるのに「ガン」とドアを当てる人も無神経だと思ってるけど)と言ったのが、自分に返ってきたのかなと思った。
状況は大分違うとは思うけど、そう考えると、ちょっとスッキリ。

| | Comments (85) | TrackBack (0)

Dec 28, 2003

ココログ模様替え

クリスマスも終わってるし、模様替えしなくちゃと思ってスタイルシートを書き換えてたら、どうやっても変わらない。オカシイなーと思って、ココログル
で探してみたら.....。


どっひゃーーー。
一度アップロードした画像は消せないという事に今気付きました。
画像を変えるにはちょっと小細工がいるらしい。

ふーーー。
それはお正月にでもゆっくり考えよう。

今日は忘年会!

| | Comments (625) | TrackBack (0)

Dec 22, 2003

birthday

19日、家族にご飯を食べに連れて行ってもらった〜!
家から車で5分程というのもあって、十数年来、特に両親は良く食べに行ってるお店。
価格も質も量もかなりいいんじゃないかなぁと思う。

小さなお店でフランス料理だけどとっても気さくな雰囲気なので、平日など時間によっては貸し切り状態な時は外国のお家におよばれしたような感じがする。

19日は二階も一階も満席状態。ある若いカップルがオーダーを聞きに来たオーナーに「何を選んでいいかわからない」って話したら、あれこれ説明してて、なんかいいなぁ〜と思った。

オードブルからデザートまで満足する事間違いなし!と、思うなぁ。
デザートは毎日でも食べたい!
ご近所の方は是非!

CUSINE EUROPEEN NICOLE

| | Comments (75) | TrackBack (0)

Dec 19, 2003

法事の都合

最近は法事の都合を遠方の親戚などや仕事の事も配慮し早めに執り行ったりするのは普通の事だと思うんだけど、うちのお寺さんはそれは絶対できないという。やるならやればいいけど、それが故人の供養になると思うのであれば、どうぞ自分たち抜きで勝手にどうぞというスタンス。

つるよさんの葬儀はふみえさんの時にとても良くしてもらったというのもあって、○○会館という、いわゆる葬儀屋さんでお世話になったんだけど、そのやり方自体が気に入らないというのか、しきたりと違うというので、会館でのお通夜と初七日は来て貰えなかった。
会館ですると遠方からの親戚のためにちょっとしたホテルなみの施設が整ってるので宿泊の心配もないし、至れり尽くせりで本当に助かるんだけれど、お寺の考えではお通夜は家でするものであってナンタラカンタラ。(枕経をあげてもらった後に色々と説明されてたんだけど、まだ動揺してたワタシは内容を覚えていない。)
遠方の親戚のために初七日も火葬が終わった後に続いてする事も多いそうなんだけど、そんなこと、もっての他って感じ。

四十九日まで、七日毎に生前の行いなどについての審判が下され、四十九日目に最後の審判が下るそうな。(あの世での場所が決まるんだそうな)また、四十九日という日数はお釈迦様が修行に入り、悟りを開いたのが49日目だった事から重要視されてる数でもあるらしく、その数を繰り上げるとかナンだとか、生きてるものの都合で変える事はありえない話だそうな。(まぁ、ごもっともで)

死んでからの世界には都合もなにもなく、ひたすら仏になる旅を続けているのに、それをこっちの都合で供養の日取りを変えるなんて???七日毎の逮夜もそれぞれの出来事についての審判の日であり、その審判の日に遺族が供養する事は非常に重要であり.....って事なので、うちの四十九日はクリスマス・イブなんです。ハイ。

| | Comments (86) | TrackBack (1)

Dec 18, 2003

お経

毎週水曜日は先月亡くなった祖母、つるよさんの逮夜が続いてる。
六逮夜が終わり、気付くと運転中やお散歩中などに「おんあぼきゃ べいろしゃのう まかぼだらまに はんどま じんばら はらばりたやうん」「おん さんまや さとばん」とかブツブツブツブツお経が頭の中を回ってたりする。(お経を唱えだした時は思わず「なんと!!月光仮面(古っ)はここから来てたんか!」と思った。)

漢字はなんとなく意味がうっすら分かるけど、ひらがなの部分は梵語をひらがな読みしてるらしいのでさっぱり。

ちょこちょことお坊さんに教えてもらった事を忘れないように書いておこうかな。
教えて貰っても、またすぐ忘れてるから覚えてる事だけ。

お経はまず懺悔文(さんげ)から始まり、「私は色々と罪を作りましたが、それをココですべて懺悔します」
「未来永劫仏教の教えにしたがいます」と続く。

十善戒は、不殺生(殺生をしない)不偸盗(盗みをしない)不邪淫(ふしだらな事をしない)不妄語(嘘をつかない)不綺語(きれい事を言わない)不悪口(悪口を言わない)不両舌(二枚舌を使わない)不慳貪(貪りの心を持たない)不瞋恚(怒ったり短気を起こさない)不邪見(よこしまな目で物事を見ない)

十善戒の中で一つだけ生きていく上で守れない事があり、それが『不殺生』。
生きる為には食べていかなくてはならず、命のあるものを殺生して食べなくてはいけないので、お経を唱える前には懺悔文があるのだそうだ。

般若心経の意味はまだまだわからない事がたくさんなんだけれど、要するに、「決して他人は自分を不幸にしない、自らを不幸にするのは自分である」という感じだろうか。
宇宙という壮大な中において人の人生というものは一瞬であり、その中で人より早く命が尽きてもそれはほんのわずかな時間。自分の欲求が満たされなくとも、嫌な事が多いと感じでも、それはほんのささいな差でしかなく、そういった事に心を惑わされて生きる事はとてもつまらない事。悩まず前向きに生きていれば幸せでいられるという事でしょうか。とはいっても、そう簡単に割り切れないから日々悩んだり怒ったりしてるんだけれども。

| | Comments (110) | TrackBack (0)

Dec 17, 2003

片付けても片付けても片付けても........

片付かない祖母のお家。

今年の初めに亡くなった母方の祖母、ふみえさんは一人暮らしだった。
老人大学へ行ったりもして友達も多く、趣味も多い人だったのでとにかく色んなモノが家に溢れてる。
押し絵につまみ絵、手鞠が主なんだけれど、作品の数もすごいけど未完成品や材料も一杯。それ以外に編み物やら鞄作りやら人形作り、本当に雑多な手芸用品がたーーーーーくさん!驚くほど、あちこちから出てくる。
「これは一体ナニ?」「ナニに使うもの?」「こんなにたくさん......うわっ、こっちにもある!」

ちょこちょこと母と叔母達(母の妹)で形見分けの整理をしてはいたけれど、一周忌が終わるまではあまり家を触らずに置いておきたいという母の願いもあり、見た目は一体どこを片付けてたの??というような感じ。(^^;
戦争で何もかも焼けてしまった体験のある祖母は(母もだけど)何でも大事に取っておくタイプ。
一周忌終わってからちょっと改装する事になってるので、とにかく片付けないといけないんだけど、ほんっとにまったくもって片付かない。。。。。

色々片付けながら思うに、私の「もちもの」も良い勝負でかなりある。
私は生地が好きで気持ちは「アレも縫いたい、コレも作りたい。あんな事もしてみたい!」で、作る時間もあまりなくて作ってないのに欲しい生地をみつけると買うし、ずいぶん前の生地でも「いつか使うかも」で溜まっていく。
以前勤めていた会社から棚卸し等の時に持って帰ってきた生地や付属(ボタン、リボン、ワッペン、ネームなどなど)も山盛り。それでも何かの折りにかなり友達なんかに分けてしまったけれど、それでも段ボールに何箱あるんでしょうって感じ。

本もそう。読んでないのに本屋で読みたい本が見つかると買ってしまう。
読んでないもんだから同じ本を買ってしまう事もしょっちゅう。


他のモノでも「使うかも」「かも」「かもかも」で捨てない方。
ボビィ達のオモチャでも壊れてても「これで良く遊んでたわー」なんて思うと捨てられなかったり.............。

対照的なのが先月亡くなった父方の祖母、つるよさん。
なんでもスッパリ捨てるかあげるかしてしまう人で、お金もなーーーーーーんにも残さず逝きました。(笑)
ふみえさんが母達三姉妹に迷惑をかけたくないと思い、自分の葬儀費用をきっちり残していたのとは反対に、つるよさんは「長男(父)たるもの母親の面倒を見て当たり前」な考えだったらしく、恩給も年金も入ってくるお金は小銭に至るまで自分の子供や孫(私達)に分け与える人だった。

なのでつるよさんの部屋一部屋分だけ。(私達と一緒に暮らしていたというのもあるけど)

で、そのつるよさんの持ち物で使えそうなものは私と叔母達で分けたんだけど、娘になる叔母は「亡くなった人の持ち物を持ってると迎えに来そうな気がする」とか言うので、実用的なもの以外あまり欲しくないという。他の叔母は母を含め、嫁の立場なのでいらない物を捨てる事に対して積極的。

私は両親が共働きだった事もあり、両親より長く一緒に過ごしてきた祖母のものはナカナカ捨てる事ができなくて、みんなが「捨てようか?」というと「あ、じゃぁ、私が使う」とまたまたドッサリ荷物が増えるハメに。(^^;
古いタンスも「色塗り替えて使う」って言ってしまったし。(ふみえさん宅にもそういうタンスが2つ。下駄箱が1つ。)
ホントに塗り替えて使えるようにできるんかな.....>>> ワタシ。

1月の終わりからリフォームがたぶん、始まり、その一ヶ月後には巨大な荷物を整理してふみえさん宅へお引っ越しする私。
こんな私が飼い主であるボビィ達の荷物も結構あったりして。(笑)
ふみえさん宅の片付けもさる事ながら、自分の荷物の整理を考えるとクラクラする。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

Dec 13, 2003

お庭探索

あちこち参考になりそうなお家の庭や塀の写真を撮りながらお散歩した。 二時間くらいウロウロウロウロ。

何が嫌いって、虫ほどが嫌いなものはなく、ガーデニングは見てて楽しいけど絶対無理。 かといって緑がないのも寂しいし、芝生は夏に蚊が大量に発生するし、どうしたものか…。

ボビィ達の排泄しやすい場所も確保したいしなぁ。

レンガもいいかなと思うものの、吸収性が良い=汚れやすく、苔も生えやすいらしい。

それも味があるかなと思うけど、ガーデニングの美しい庭に合うこそすれ……って感じだし。

庭から工事が始まるのでなんとかしなくちゃ。

… au …031128_134801.jpg

| | Comments (43) | TrackBack (0)

Dec 12, 2003

バンブーペン

だいぶ前になるけど、会社のノベルティでもらってた竹の持ち手のボールペン。

"竹"が美味しそうに見えたのか、アベーラがバリバリ噛んでしまった。

すごく持ちやすく書きやすいペンだから、すっごい気にいってたのでバリバリに噛まれてもなんとかならないものかと(ならんけど)捨てる気になれず、机の上に置いてたら…。 バリバリに噛んだ反対側の端から更に!またバリバリとかみ砕かれ、最初の半分以下の長さに…。

ええ、またしてもアベーラです。

なんともならんけど、捨てるのが辛い。
...au...
031125_200701.jpg

| | Comments (20) | TrackBack (0)

サンプル帳

031125_7h.JPG

あ〜。お腹空いた!
ココは30MBも使える(しかも無料)のでなんとかどうにか上手く利用する事を考えたいな〜と思います。
が、当面なにも浮かばないので自分のMEMOがわりに使おうかな。

今度リフォームをする事になったので、一昨日、床材や壁紙等のサンプル帳をたくさん届けてもらった。
それから暇さえあればサンプル帳を見て悩んでいるんだけど。

やりたい事はやっぱりたくさんあって、でも予算というものもあるから迷う迷う迷う..........。
決めないといけない事もたーくさん。
買えないから作らないといけないモノもたーくさん。
作る為には曲がりなりにも設計図というものもある程度考えていかないといけないし。

でも楽しい!

| | Comments (83) | TrackBack (0)

とりあえず........

手軽に携帯からも更新できるという....ココログなるものを登録してみました。
さてさて、使いこなす事ができるのでしょうか。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

Main | January 2004 »